自分、そして他者を受け入れるための引き算

少し前にDAIJOUBUアレンジャーズと話していて、「引き算が大切」という話が出てきました。私も実はこれに思うところがあって、前回のコラムに書いた「自分をまるっと受け入れる」とも絡むのですが、今日はこのことについて少し書いてみようと思います。

READ MORE

11月 オンラインmini POP-UP開催報告

11月のDAIJOUBU主催、オンラインmini POP-UPは28日(金)19:00から開催しました。司会はTomoko、そして今回アクティビティ担当は特別に現役の中学校の先生をしているひろ先生にしていただき、今年加わったばかりの「サーティ・サークル・チャレンジ」に取り組みました。

READ MORE

11月 tea time「学力テスト」開催報告

DAIJOUBU定期イベントの1つとして二回目の開催だった『tea time』。
第4金曜日21時から開催で、担当のアレンジャーは、まんぼ
テーマは『学力テスト』学力テストとは?いう一つの問いをきっかけに、そのテストで測れる能力、測れない能力について、皆さんのご経験の中から、また日常から考えておられることを、緩やかに紐解きながら、対話できる場となりました

READ MORE
大人のためのセルフサイエンスクラス 

12月11日(金) 21時~ 大人のためのセルフサイエンスクラス

日時: 12月11日(金) 21時~22時30分
ファシリテーター: ともこひろさおり
料金: 一般参加 2,000円(学生 1,000円)
    DAIJOUBUアレンジャーズネットワーク参加者 0円

*zoom入室情報は、前日および当日にご案内します。

READ MORE

11月20日ユニセフ世界子どもの日と、POP-UPフェスティバル

2017年、Six Seconds米国本部が国連の定めた世界こどもの日をお祝いする目的ではじめた、POP-UPフェスティバル。

「子どもたちの心と体の健康と権利のために」、感情知能EQは、子どもたちの未来を豊かにするのに欠かせないスキルだと、米国本部の教育チームが開発をし20程のアクティビティがボランティア登録者へ無償公開され、参加者はPOP-UPフェスティバルを自ら参加できる、という形で年々輪を広げ、アクティビティの数も増し、2020年。国連で史上初のEQカンファレンスが開催された昨年に続き、今年もきっと大きなイベントを行おうと関係者一同思い浮かべていたところに、コロナが世界中を襲いました。

初年度からPOP-UPフェスティバルに参加し、初めてPOP-UPのホストとして参加する人をサポートするスーパーメンターとしてもずっと活動をしているまわりーが、今年のPOP-UPを振り返ります。

READ MORE

「シナプススクール」ってどんな学校?

12月5日にアメリカのシナプススクールでSELスペシャリストとして活躍される、Keiko Sato-Perry先生をお招きしてお話を伺います。そこで、今日はシナプススクールがどんなところなのか、ホームページの情報からほんの一部だけ、覗いてみたいと思います。

READ MORE