12月11日(金)大人のためのセルフサイエンスクラス【開催報告】

12月11日(金)大人のためのセルフサイエンスクラス【開催報告】

12月11日(金)に、今年最後の大人のためのセルフサイエンスを開催しました。
この一年の振り返りから、新しい年に向かうワークをおこないました

今回の大人のためのセルフサイエンスクラスでは、2つのワークをおこないました。
《年輪のワーク》では自己の振り返りをおこない、《どう育とう?》では、自分の強み
植物の特性を活かし、新しい年に希望を見出していきました

今回の流れ
・チェックイン
 -クリスマスオーナメントから、今年の自分を表すなら?
・森林の中にいるイメージでの深呼吸
・EQワーク《年輪》/《どう育とう?》
 -by Six Seconds POP-UPフェスティバル
・リフレクト
 《気が付いたことのジャーナリング》
 《今後、どのように活かすか?》

ワークの流れ

《年輪ワーク》

 年輪は、字のごとく一年ごとに輪が増えていきます。
 年輪を見ると、その年に何が起こったのか知ることができます。
 良く成長できた年・あまり成長できなかった年、・木の傷は何を意味するのか
 外側からは分からないが、切ってみて初めてその様子をうかがい知ることが
 できます。人の心も同じように内側にフォーカスしていくことで、様々な
 気づきを得ることができます。

・紙に自分の年輪を描いてみる
 ★過去10年間の年輪に焦点をあててみる
 ★1つ1つの年輪に、どのような出来事があったか、抱いた感情を書き出す
 ★心や体にどのようなストレスや傷を負ったかを書き出してみる
 ★今年はどんな年輪になったか?
 💛ストレス、傷ついた体験のあと、自分にプラスになったことがあったか?

ワークを通しての気づき
・自己分析用のモチベーショングラフは、波線で表すため、
 波線が下降した場合、視覚から入った印象がマイナスになりがち
 だが、円で表現することで、マイナス的な要素も寛大に受け入れ
 られ、あまり躊躇せず書き出すことができた

・《心の傷》に対して、その渦中にいる時はなかなか気づくことは
  できなかったが、時が経つにつれて薄くなっていることが分かった

・ 心の傷そのものが、自分の価値になっていた

・前進していくことは大切だが、自分の感情を確認することがもっと  大切である


《どう育とう?》

植物が育つことのできる環境から、その適応能力を知ることで、人にも同じような
強さがあることへの気づきを探していきます。そして、私たちが未来に向かって生きる意味、
来年という新しい年に対する希望を見出していきました

《植物も土台が大切…》

【砂質土】
約80%の砂と10%の泥と粘土とシルト(沈積土)で構成。
砂質土は触るとざらざらした感触だが、水はけがよく乾きやすい。
聞こえは良いが、砂質土は養分に乏しく、農業においては第一選択とは
ならない。

【壌土(ローム)】
50〜80%の粘土とシルト、20〜50%の砂で構成。
砂質土より重いが水はけは良く、同時に水分や養分の保持や通気性に優れ、
農業やガーテニングに最適

【粘土】
50〜100%の粘土を含有し、砂やシルトが0〜50%以下の場合粘土と
呼ばれる。きめが細かく水はけや通気性が悪いため、
植物にとっては育つのが難しい土。

《ワーク内容》

①紙に描いた植木鉢に3つの種類の土を自由に描いてみる
②それぞれ違う種類の土に適応して育つ植物を考えてみる
(例示)
知らなければ、想像しても良いし、インターネットで調べてみても良い。
それらの植物は、その土の環境においてどのような根を張り、
茎や葉を広げて、花をつけ、種を作るかなどを描いてみる

③植物にとってその環境にで生きていく上でどういった困難があり、
 どのように適応しその困難に打ち勝っているのかを考えてみる
それぞれの植物に色付けや説明を加えます。自分で名前をつけても良い。

ワークを通しての気づき
・与えられた環境で、根を張っていくことの大切さを感じた
 それぞれの花はその環境に相応しいもので、そこに優劣は存在
 しない

・育ちにくい環境だとしても、成長するための必要な要素を自分で
 取り込むことが大切

・土台になる要素が大切ではないか

・与えられた環境で、何とかなる…だいじょうぶだと思えた

・人との繋がりの中で、自分が存在しているが、自分もまた誰かを
 支えている存在である

毎回、たくさんの気づきがあり、今回も皆さんのお話を聞いて感動しました!
自己の振り返りも大切ですが、大人のためのセルフサイエンスでは、
ご参加いただいた方々の気づきが、自分にとっての新たな学びに繋がる醍醐味が
あります。
また、来年もどうぞお楽しみに~♪

今年最後のイベントのご案内

12月26日(土) 10時~オンラインPOP-UPフェスティバル🎄パーティー | DAIJOUBU (colores.life)